現場監督の求人を探すときに注意したいポイントの紹介

現場監督の求人を探したい場合、まずは必要な資格や経験、平均的な年収を知っておきましょう。この職種に就きたい場合に必要とされるのは、建築士や建築施工管理技士の資格です。1級建築士や2級建築士といった資格はよく聞かれますが、1級建築施工管理技士の資格も超高層建築や大規模な施設の建設など大規模な工事に携わりたい場合は必要となる資格です。他にもどのような現場に携わるか、また携わりたいかによって管工事施工管理士やJR工事管理者、1級土木施工管理技士などの資格の保有も必要となることがあります。もし資格は無いけれどこの職種に就きたい、転職したいという方の場合は、短くても3年、5年、10年と長い実務経験が必要となるので注意しなければいけません。高校や大学、専門学校で建築を専攻していた場合もそれだけ有利となります。

現場監督の求人を探すときに目安となる平均年収

現場監督の求人を確認するうえで気になるのはやはり年収です。月の平均給料については30万円から40万円ほどといわれており、平均年収は450万円から500万円前後であるともされています。役職や資格の手当もつくことが多いため、一般従業員として就職するよりも恵まれているといえるでしょう。また同じ職種であっても、どこに就職するかによって差が出ることも覚えておかなくてはいけません。ゼネコン、建築会社、ハウスメーカーや工務店などが主にこの職種を求めています。ゼネコンの場合は500万円前後、建築会社では480万円前後、ハウスメーカーや工務店の場合は450万円前後が平均的な年収とされており、やはり違いが見られます。転職という形で新しい職場を探している方、その中でも家庭がある方やローンの返済を考えていかなくてはいけない方は、現在の職場環境と比較したうえで後悔しないようにしましょう。

現場監督の求人を探して決めるまでに注意しておきたいこと

現場監督という職種は、現場によってはとてもハードなものです。求人を探す際、仕事内容や規模、職場環境は確認したほうが良いでしょう。この職種の場合、主な業務は現場が中心となります。建設工事をするにあたって施工計画の作成や品質、技術の管理、また従業員に対しての指導などを行うことで工事が適正に行われるよう管理することになります。しかし求人先の担っている工事の内容や規模によっても大きく異なるうえ、配置される人数などにも違いがあります。就職希望先が自分のライフスタイルや求めている年収とかけ離れていないか、見直すことを忘れてはいけません。最近では、求人紹介の施設やサイトなどとは異なる第3者という目線で就職先の相談を受けてくれる機関もあります。安易に決めるのではなく、様々な視点から慎重に吟味して決めることが大切です。