現場監督の仕事の求人を探す方法

現場監督という言葉は聞き慣れているものの、今まで経験の無い人からすれば、どんな仕事内容でどんな求人があるのか、またどこで仕事を探せば良いのかよく分からない事が多いと思います。就職難で仕事を探すのが一苦労のこの時代に、現場監督の仕事は人材不足で困っているそうです。もしこの仕事に少しでも興味があれば、転職、再就職のチャンスかもしれません。さて、現場監督と言われて何となく想像がつくのは、工事現場でヘルメットを被っているあの姿ですが、では一体その姿でどんな仕事をしているのでしょうか。今回は現場監督の仕事内容と求人を探す方法についての基礎知識を解説したいと思います。大きく仕事内容と求人の探し方にカテゴリーを分けて説明させて頂きます。興味がある方にとって少しでも参考になれば幸いです。

現場監督の求人、仕事内容はどんなものか解説します

一口に現場監督と言ってもその現場ごとに扱う建設物は様々ですが、監督という以上基本的に現場作業に関わる技術者たちの中心で指揮を取る立場になります。具体的には各作業にあたる技術者たちの施工状況を確認し記録を取りながら指示を出したり、現場の掃除や納品チェックをしたり、働く人たちの間に入ってコミュニケーションを円滑にしたり、日々の安全を確認したり、朝から晩まで現場に立って采配を取る重要な立場になります。とはいえ現場監督も一人ではなく複数の人が分担する場合が多く、その中でも比較的重要な管理はベテランの監督が行い、配属したての監督は日々の安全管理などを任される事が多いようです。現場の状況や会社の方針により任される範囲や求人内容も変わりますが、現場監督とはデスクワークではなく、現場に張り付き納期までに計画通りに作業を進めるために確認と指示を繰り返しながら陣頭を取る仕事です。

現場監督の求人、どこで探せば良いか解説します

現場監督の求人は各地域のハローワークや広告などでも探せますが、やはり一番手軽で広く情報を得られるのはインターネットの求人サイトでしょう。現場監督、求人で検索すれば様々な求人サイトがヒットします。扱う建設物は個人宅から高層ビル、道路、橋など多岐に渡りますが、新築だけではなく維持のための依頼もあり、今後も需要は期待出来る職業です。求人によっては各資格が必要なところもありますが、未経験者歓迎、資格を持っていなくても応募できる仕事もあります。もしはじめて現場監督の仕事に就くことを考えるならば、実際に仕事を始めてから必要な資格を取り、ステップアップを図るのも一つの方法でしょう。検索などで興味のある仕事があれば、勤務地や給与の他に必要な資格や経験などもチェックしてみて下さい。