求人されている現場監督の職に就くために必要なことやもの

未経験であってもその業界に入ることができる職業の一つに、建築業界があります。建築現場は日本中で需要があるので求人も多くあります。そんな建築業界の中でも現場監督という役職があります。スキルアップを目指したい、昇給や昇進をしていきたいというのなら、現場監督を目指してみてはどうでしょう。現場監督とは、建築現場や土木工事など工事の現場で、適正に、予定通りに工事が進行するよう安全や施工の管理を行い、技術に関する指導などを行う役職のことですが、現場監督に必要な知識や資格とはどのようなものか、また資格を持つことでのメリットはどのようなものがあるのでしょう。また、どのような能力があれば、求人において有利になるのでしょうか。現場監督になるためにしなければならないこと、求人で有利になるために必要なことなどを見ていきましょう。

現場監督に必要な資格を取得して求人で有利になる

求人で現場監督を求められていても、建築業界で働いたこともない、という人がすぐになれるものではありません。では、現場監督になるためにはどのような方法があるのでしょうか。現場監督になるためには二つの方法があります。一つは、実務経験を3年以上積むことです。実務経験を積むことで主任技術者として選任され、大規模ではない工事現場などの現場主任になることができます。もう一つの方法が、1級建築士や各種施行管理技士の資格を取得する方法です。各種施工管理技士とは、工事の施行や品質、安全の管理を行うことができる資格で、土木や建築、電気工事に関するものなど複数あります。これらの中でも特に、現場が多く現場監督としての需要も高くなっている、土木や建築の施工管理技士の資格を取得しておくのがおすすめです。また実務経験も積んでおけば選任される可能性も高まるため、実際に現場で働きながら勉強するのもいいでしょう。

現場監督の求人で求められる能力は資格だけではない

現場監督として必要なものは、資格だけではありません。現場監督という役職だからこそ求められる能力が必要となってきます。その能力とは、高いコミュニケーション能力です。現場で働く多くの作業員たちと円滑に仕事を進めていくためには、まず作業員の人たちとしっかりコミュニケーションをとって、信頼を得ることが不可欠になります。工事現場では、納期限以内に工事を行わなければならず、完成度も高いものでなければいけません。そのためには作業員の人たちの信頼をしっかり得て、工事を円滑に進行していかなければならないのです。そのためには、普段からしっかりと作業員の人たちとコミュニケーションをとれる能力が不可欠となるのです。また、何かトラブルがあったときに素早く適切な判断を下せる能力も不可欠となります。もしこの二つの能力に自信があるという場合には、現場監督の求人があった際、アピールできるポイントにもなるのです。