求人されていた現場監督の仕事についた後の注意点

求人されていた現場監督の仕事に就いた場合、特に未経験者の方ではいくつか注意しておいたほうが良いことがあります。まずは現場監督の仕事内容について確認しておきましょう。現場監督、即ち施工管理者は、建設編場における指揮者になります。実際に施工作業をするのではなく、現場の作業員に対して的確な指示を出し、施工の状況を確認、報告することが主な職務になります。例として、施工計画の政策、安全管理、品質管理、工程管理といった仕事を、複数人の監督で分担して行います。実際の作業現場では様々な分野の専門職の方が入り乱れて作業することになるため、各作業工程の調整はもちろんのこと、資材の発注や作業環境の改善など、スムーズな施工には欠かせない大事な役割なのです。職人さんに気持ちよく仕事していただくためにも、基本的な注意事項を押さえておきましょう。

最も重要なのはコミュニケーション

上記の通り、現場監督は多くの作業員とかかわる仕事のため、作業員との円滑なコミュニケーションをとる能力が最も重要視されます。時には現場の人とだけでなく、お客様や社員の方とも連絡を取らなければなりません。その時に必要なのは中途半端な専門知識などではなく、作業している専門家に確認を取り、それを間違いなく伝えるコミュニケーション能力なのです。また、監督は各部門の橋渡しとなる役目のため、時間勝負の現場では擦り合わせの際に各部門から厳しい言葉を投げかけられることもあるでしょう。しかし現場ではそこで一喜一憂などしている時間はありません。現場監督には日々の激務に耐え抜くメンタルも必要不可欠となります。人とコミュニケーションをとること、中心となって現場を回すことにやりがいを感じる方、自分のメンタルの強さに自信を持っている方はまさに現場監督の求人に最適といえるでしょう。

作業員の命を守る安全管理が重要

現場監督の求人に応募する前に知っておくべきこととして、現場監督が現場で最も気を配らなければならないのが、安全管理です。建設現場では大型機械での作業やクレーンでの重量物の運搬、高所での作業など、様々な危険と隣り合わせでの作業となります。そのような環境で労働災害を防ぎ、作業員たちの命を守るのが現場監督の特に重要な役割といえるでしょう。安全管理の基本は不安全な環境・不安全な行動の排除にあります。不安全な環境は、危険な個所を目立たせる、安全点検を徹底する、といったことで少なくできますが、外的要因は常に変化し続けています。その時々で的確な状況察知と判断が必要になります。不安定な行動は危険予知活動や安全教育などで減らすことができますが、何よりも作業員一人一人に安全に対する意識を持ってもらうことが重要です。また、暑い日は水分の補給を徹底させる、悪天候時には工事を中断するなど、安全のために的確な判断をしていきましょう。