まずはよく求人されている現場監督の仕事とは何かを説明

日常、さまざまな場所で行われている道路工事や建設工事など、さまざまな現場を監督する現場監督という存在は、監理技術者が常にその現場にいることが義務付けられている工事現場に、必要不可欠な存在だといえます。それぞれ建設現場がありますが、仕事をする上で現場監督という立場には特別な資格がなくても就職ができますし、現場監督になることが可能です。その場合、大学や高校などで建築を専門に学んでいなければならないことや、長い実務経験が必要ということが条件に挙げられています。しかし、建築の分野を専門に学校で学んでいなくても、基本的には10年以上、実務経験を積んでいれば現場監督になれますし、現場監督という仕事をした事がない未経験者でも、現場監督としての求人には応募ができ、転職することも可能です。

現場監督の求人で求められているもの

現場監督として働く上で求められているものの中には勿論、向き不向きという点もありますが、どの職種に関しても、自分にとって完全に向いているという職種は、そうあるものではありません。どの要素に於いても、可もあり、不可もありというのが当然です。現場監督の求人は数多く出ていますが、それだけ人不足ということもあるでしょう。監督として向いているというならば、まずは現場に常駐していなければならない仕事なので、全体を把握して見渡せる視野も必要ですし、全体をまとめ上げる統率力も必要です。工事を期日通りにすすめていくことが何より重要ですが、そこで必要となるのが工事をスムーズにすすめていく段取りを、現場の作業員の動きなどをみながら判断する力です。持っている知識が新しければ、技術的にも作業が早く進められることもあるので、常に向上心をもって学ぶことも必要だといえます。

現場監督とはどんな仕事をするのか

現場監督の求人では、どのような仕事をしなければならないのかを事前に知っておくと、面接などの際にスムーズに理解ができます。現場監督とは、文字通りに現場を監督することが主な仕事になります。具体的には、行う工事の作業行程の管理や質の管理、作業員とのコミュニケーションをとりながら全体の管理をすることになります。スケジュール通りに物事をすすめるために、現場全体の流れを把握しておき、指揮や采配を考え、段取り良く工事を円滑にすすめることを重視していくようにします。デスクワークをすることは基本的にありませんが、施工技術者と似たような役割をしなければならない場合もあります。基本的には、現場で仕事の開始から終了までの管理、資材のチェックや現場の掃除などを行うことが、業務内容となっています。

お客様のご要望とスキルに合わせた求人を紹介しています。 求人案件数は市況の上昇により前年比約180%です。 建築・土木・設備の地場案件からスーパーゼネコンの案件まで、全国幅広く情報を扱っています。 知識のみで経験のない方、ブランクを経て再び技術者として働きたい方などに安心の教育システムの実装しています。 大手スーパーゼネコン・サブコン入社へのステップアップしたい方も満足できます。 現場監督のスキルを活かせる求人情報はこちらをチェック!